2014-07

帰りのバスはちょっとさびしい。

東京ディズニーリゾート最終日はディズニーシーに行ったのですが

帰りの飛行機の時間もあるので(1歳児がいるので早目に帰ります)

ディズニーシーを出てバス乗り場に向かいます。

こんなバスで羽田空港へ。

DSCN1671_convert_20140730210107.jpg


名残惜しいですが夢の世界とはこれでお別れです。

DSCN1670_convert_20140730210047.jpg

行きもこのデザインのバスですが、帰りに乗る時は行きとはやはりテンションが違います…

明日からの現実世界にアジャストできるのか?と、不安になるほど楽しませていただきました。



旅程1日目にディズニーのプロ中のプロなブロガー様方に謁見できました。

さらにこの旅程最終日にも

「Be My Guest」のかおる様に再謁見できるチャンスがありました。

直訴すれば可能性は0ではなかったのかもしれないけれど

なのに

忙しいかなぁ                             

迷惑かなぁ と

遠慮モード100%になってしまい直訴できませんでした。

なんであんな遠慮してしまったかなぁ?????


旅程1日目に謁見できた時もそうだったけれど

あまりにもプロフェッショナルな方々すぎて神々しすぎて

お会いした途端、思考回路がダウンして。

もし神々様のお時間がほんの少し融通がつくようなら

どこかでコーヒーでも…!

とか言いたいのにこれくらいの事すら言えやしない。

父ちゃん中坊以下だな…

なにせ

神様方が放つ神々しさに加えて

此処は神々のお庭であるぞよ

と思うとうかつにお誘い申し上げるなど恐れ多いと思ってしまい。

でも

皆さん本当に気持ちの良い方々で。

いい歳をしてこんな事を言うのはおかしいけれど

自分のブログなんだから本音を言ってもいいと思うので。

気持ちのいい方々とお会いできたあの貴重な時間は

宝物です。






羽田に着いたら搭乗手続きをして

そのあとはしばしフリータイム。

なのでこの時間を利用してお土産探し。

出発前、父ちゃんは周りの人に

「父ちゃん齢○○歳!ディズニーランドへ行ってきます!」

とは言ってません。

仕事も休む事になるのですが

どうしても休む理由を言わなきゃならない人には

「ちょっと東京に…」

と言っておきました。


なのでディズニー土産ではなく東京土産が必要となります。

東京ばな奈とか舟和のいもようかんとか買って。


こちらは自宅用に買ったもの

DSCN1674_convert_20140730213530.jpg


フリータイムもそんなに長い時間じゃないし、この間に1歳児のオムツを交換しておいたりなんやかんやと

何かと飛行機に乗る前に準備があるので

当然ながら羽田のごくごく一部しか見てません。

父ちゃん何気に飛行機&空港が好きなので

いつか羽田をゆっくり見てまわりたいです。


京都へ帰ってから羽田で買った東京ばな奈を仕事先に持って行ったところ

喜んでもらえて仕事の話がスムーズにいきました











かおる様 場末のブログに何度も登場させてしまってすみません。



スポンサーサイト

初・ものれーる

わたしたちは

とうきょうでぃずにーりぞーとに行きました。

まだ続くんですよ(笑)


今回、東京ディズニーリゾートで「初めて」な事が多くって。

ディズニーのプロなブロガー様方に謁見できるという栄誉を与えられたり。

オフィシャルホテルに泊まるのも恥ずかしながら初めてでしたし。

あと今さらながらなのですが

こちらに乗るのも初めてでした。




ディズニーリゾートラインというモノレール。

皆さんリゾラと呼んでらっしゃるそうな。

(度々彼の地を訪れる方々は彼の地の場所や名称をこれでもかと言わんばかりに略されるような。時々ド素人には暗号に見えます 笑)

一度乗ってみたかったのです。

DSCN1220_convert_20140729013749.jpg

思い返せば

6歳児が彼の地に初めて侵略上陸したのは1歳児の時。

その時彼の地で買ったお土産がこれ。

DSCN1763_convert_20140729221047.jpg


かなり年季が入ってますが

今は新1歳児がこちらで遊んでいます。


窓の形がスーパースターのお顔。

つり皮も。

DSCN1200_convert_20140729013710.jpg






リゾラ(ド素人が生意気に背伸びして略してみる)、一番前の席が見晴らしが良さそうなので座ってみたかったのですが

あ、席が空いた!と思った瞬間

やんぐがーるや大陸から来られたであろう方々がすばやく…

謙虚で奥ゆかしくて平和主義を貫く父ちゃんは微笑んで耐える。


ま、乗ってる時間はめっちゃ短いんですが(笑)




父ちゃんは家族より先に特命(開園待ち)の為に先にリゾラでパークに向かいます。

この日と次の日はリゾラを利用するので父ちゃんは2日フリーきっぷを購入。

(ほんとは初日に3日フリーきっぷを買えばいいものの初めてなもので普通乗車券を買ってしまう)

そしてメールで某・嫁さんに

「二人とも(某・嫁さん&6歳児)2日フリーきっぷを購入してくるように。以上!」

と送信しても

大人用 1日フリーきっぷ と

子供用 1日フリーきっぷ を購入して

にこにこやってきました。



その反骨精神はなんだ!?






このリゾラの駅には七夕の短冊が用意してあったので書いて飾りました。

DSCN1202_convert_20140729222419.jpg


何を書いたかと言うと


「人に平和を 世界に愛を」



すみません。嘘つきました。

ほんとはもっと超私的で超個人主義的な内容を書いております。







good morning?

ディズニー旅行中、父ちゃん達の朝食タイムは早いです。

ホテルのビュッフェ式朝食会場の前でお店のオープン前からスタンバってます(笑)

(父ちゃん開園待ちという特命を帯びているため、ホテルで朝食を摂る時間はないと思ってましたが食べれました!何気に嬉しかったです!)

DSCN1212_convert_20140726223741.jpg

DSCN1214_convert_20140726224011.jpg

6歳児も1歳児もお気に召したよう。

父ちゃんはちゃっちゃと朝食をすませて開園待ちへと早々に旅立たねばならぬため、朝食会場には早めに来る必要がありますが

あとの家族はそれほど朝食を急ぐ必要はないのですけれど

なにせ

超朝型家族なもので。

1歳児は早い時には午前5時30分にはおめめパッチリですし、

そのあと続いて6歳児も大あくびをしながら起きてきます。


こちらのホテルの朝食、舞浜バーガーなるものが人気なんだそうです。

DSCN1393_convert_20140726224037.jpg


ハンバーガーとしてはサイズはかなり小ぶり。

目の前で焼いて作っていただけます。

食べてみると-美味。

ハンバーガーのパティとは思えないようなレア感。

これはなかかなイケますな!あともう2、3個食べれちゃいますヨ!

と普段ならそうなる所なのですが

父ちゃん、この日の朝から体調不良に陥っていて(笑)

健康体ならたまらんであろうこのレア感が

逆に苦痛で(笑)

これ食べなきゃこのホテルに泊まった意味が半減しそうな気がしたので

1個は完食しましたが

あとはドリンクのみでセーブしました。

ドリンクでも味がわかりきってるものにしとけばいいのに

欲深く目新しいものが欲しくなって

マンゴーとお酢のジュース

に心奪われ(スッキリしそうで体にも良さそうと思ったので)

グラスにたっぷり注いでテーブルへ戻り

一口味わってから

自分がお酢が苦手なことに気付くという(笑)

いやマンゴーよりお酢が圧勝!な配合加減なかんじで…

お酢好きな方ならかなり美味しいんだと思いますが。

舞浜バーガーのレア感を克服したあとに押し寄せる圧倒的破壊力を有したお酢感。

体調不良な体に自らムチ打つ父ちゃんはまるで自分を極限まで追い詰めるボクサーかよ

と自分にツッコミながら後悔し。

グラスに8割ほど残ったマンゴー感2割お酢感8割な飲み物は(超・個人的感覚)

「美味しい!あげる。飲んでみて!」

という口実で、

残すのではないのですよ。美味しいという思いを共感したい、だからあなたに飲んでほしいのですよ

という空気を前面にだしながら某・嫁さんに譲渡しました。


まだ楽しそうに美味しそうに朝食を摂る家族を残し

父ちゃんは少々よろけながらパークというリングへ向かいます(笑)




話はとんで翌日の朝、父ちゃん昨日よりは元気なので

ホテルの朝食を昨日よりは楽しめました。

ちなみに京都人の朝食はパンが一般的。

このホテルにはベーカリーが併設されてるからか朝食会場のパンも美味しかったです。

それにスイカもあって。

今年お初となるスイカをまさか舞浜でいただけるなんて!



この二日目の朝食会場には

あの父ちゃんに甚大なるダメージをもたらした

マンゴーとお酢のジュース

は消え去っていました。

しかし

昨日 マンゴーとお酢のジュースが不敵に鎮座していたその場所に

キウィとお酢のジュース

という、父ちゃんに対する新たなトラップが仕掛けられてました。








こちらのホテル、とても美味しい朝食のメニューを豊富にご用意されていました。

父ちゃんがたまたま体調不良で味覚が欠落していた、という事と

もともとお酢が苦手(じゃ飲むなよ)なためにこのような記述になってしまっただけであって

大変満足のいく内容でありました。

DSCN1213_convert_20140726223808.jpg






























テント泊ではありません。

東京ディズニーリゾートへ行きました。

えぇ、まだ続けますとも(笑)

2泊3日で行きました。

どこかでテントを張って2泊しようとも思いましたが結局ホテルに泊まりました。

*注 : テントのくだりは冗談です

JALパックのツアーなので航空券とホテルがセットです。

某・嫁さんと相談して、今回はオフィシャルホテルなるものに泊まってみようか、という事に。

ホテルは 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート という所になりました。

決め手は

リーズナブル 良心的なホテルだったので。

いえこのホテルよりまだ 低価格リーズナブル 良心的なホテルはあったのですがこちらに。

いつかはディズニーホテルに!の時のために節約節約。

(ディズニーホテル、値段が高いというイメージがあるけれど1名いくらではなく1室いくらという設定らしいのでトータル的にはそれほど高くはないのかもしれませんが。ただJALパックのパンフを見るとやっぱりお高いので…ツアーではなくホテルのみ予約したほうが賢いのか?また勉強しておきます)


大きな吹き抜け・アトリウムが圧巻なホテルでした。

DSCN1211_convert_20140726223711.jpg


ホテルには事前にリクエストをしておきました。

二つのベッドをくってけておいて下さい

加湿器を貸して下さい、とか。

それと

部屋は 海側とパーク側 に分かれるのですが

いつまでもパークを眺めていたい父ちゃんは迷わず

パークが見える部屋にして下さい!とお願いしました。

(ほんとは海側の部屋のほうが広いのですが)


旅程1日目のディズニーシーを満喫したあと、ホテルにチェックイン。

名前を告げると

えらくガタイのいいラグビーかアメフトか柔道をやってたような体育会系なフロントの方が

本日は空きがございましたので広めのお部屋をご用意させていただきました!(追加料金なしのアップグレード)

おぉ~!らっきぃ~!と思いましたが

ガタイのいいフロントの方は客室情報が表示されてるであろうパソコンのモニターを見ながら続けて言うことが


え~と、海の見えるお部屋になります!


父ちゃん一瞬


なんじゃとて!?


と思いました。

これは別にホテルさんの手違いではないのだと思います。

実はJALパックのツアー申込をしたのが出発日よりかなり前のことなのですが

宿泊日より相当前にメールにてホテルさんに「パークの見える部屋にして下さい」と連絡したのです。

ベッドをくっつける、加湿器のレンタルなどは「備品予約フォーム」からリクエストする仕組みだったのでこちらは問題なく。

後日返信があり、誠に申し訳ありませんがJALパックのお客様の情報が当ホテルに送られてくるのが宿泊日の1週間前になりますので現時点ではご確認する事ができません。なような事が書かれてました。

要するに父ちゃんが先手を打ち過ぎた次第で。

本当にパーク側の部屋に泊まりたかったら再度連絡しなくちゃいけなかったようです。

でも久々のディズニー旅行、どんな部屋でも、極端な話、なんならテントでもOK!(笑)

くらいに思ってるのでパークが見えなくてもOKです。


部屋に入るとたしかに広くって、バスルームとトイレはセパレートだし、その上

別にシャワールームまでありました。豪華なつくりだけど

う~ん

小さな子供連れからすると

シャワールームはいらないから洗い場が欲しいな

と思ってしまいました。


とにかく部屋は広くて快適!ガタイのいいフロントの方、ありがとうございました。

(この方自身が便宜を図ってくれたのかどうかでは定かではありませんが)






たまには京都の風景を。

少し前、祇園祭に行きました。神輿担ぎではなく家族で鉾や山を見に行きました。


DSCN1698_convert_20140726221140.jpg


DSCN1706_convert_20140726221210.jpg


DSCN1707_convert_20140726221247.jpg


DSCN1729_convert_20140726221340.jpg



厄除けのちまきなども手に入れて。

いつもは長刀鉾のちまきを貰うのですが既に長刀鉾は17日に巡行を終えていたので手に入らず。

そこでいただいたのは今年150年ぶりに復興した大船鉾のちまき

大船鉾 粽_convert_20140726143907

ついこないだまでまったく知らなかったのですがこの大船鉾のちまき、

大人気で1時間で完売した日もあったとか。



ちまきと聞いて6歳児が食べたいと言ったのが子供らしかったです。

12.jpg

こっちじゃないんだな~6歳児。


山や鉾にはすべて朱印が用意されていて

きちんと朱印帳や朱印を押すスペースがあるガイドブックなどを用意されてる方も多かったです。

6歳児も小学校からこの朱印を集めるスタンプラリーの用紙をもらっているので

きちんとすべての山と鉾をめぐりスタンプラリーを完結致しました。


DSCN1711_convert_20140726221315.jpg



楽しかったのですが

とにかく暑かったです…

舞浜の暑さとはまた一味違う京都の暑さ。


帰り際、駅そばにある大丸百貨店へ涼みがてら行きました。

こちらの百貨店のロビーにもかわいらしいサイズの鉾の展示が。

DSCN1686_convert_20140726221112.jpg


こちらの百貨店の中にあるアフタヌーンティー・ティールームというお店に入ったのですが

マンゴー&ヨーグルトソーダの他2点(それ以外は名前を忘れました)、涼しげなドリンクを合計3点を注文致しました。

(1歳児は熟睡中だったので)


DSCN1737_convert_20140726221413.jpg



美味しかったのですが

ちいさなグラスにお上品な量。

隣のテーブルの方も同じドリンクを飲みながら、おほほほと談笑しながら時たまお上品にドリンクを口に運び。

父ちゃんは、本気をだせば おほほほ の おほほ の段階ですべて飲みきれそうな気がしましたが、

このミニマムサイズにして¥720というプライスを確認済なので

なんとか

おほほほほ が3回言えるくらいの時間をかけてガマンしながら飲み干しました。

はじめからわかっていましたがこういうお店は


◆上品な お店は父ちゃん そぐわない◆


あ、つい日本人のDNAで五七五に(笑)


飲みながら脳裏で比較対象になったのが彼の地のドリンク。


◆舞浜の ドリンクもっと ぼりゅーみー◆


舞浜のドリンクのほうがボリュームがあったと想いをはせ(笑)










うっかり…

ディズニーシーでディズニーのプロ中のプロのブロガー様とお会いさせていただいた件ですが

こちらのブロガー様についての記述で一部補足をさせていただきます。


お会いいただいた

どな社長のぐわぐわカンパニーどな社長様 についてなのですが

当初、どな社長様のブログ名とハンドルネームを

このような場末の崩壊寸前なポンコツブログに記載されるのを嫌がられるのではないかと

ブログ名とハンドルネームを記載するかわりに濁したような言葉で記載してしまいました。

それは

<役職的にはCEO的な素晴らしい肩書きをお持ちのブロガー様と共同経営者様>

さらっとなんの考えもなくこのように書いてしまったのですが

「ハンドルネームが素晴らしい肩書き」

であって実際のご本人様はCEOではありません。

したがって「共同経営者様」もけっしてビジネスパートナーではありません。

ハンドルネームをひねって、濁してこのように記載してしまい誤解が生じる可能性があることを考えずに書いてしまいました。

申し訳ありませんでした。










既にどな社長様に何かご迷惑をおかけしてるとしたら慰謝料が発生してくるのでしょうが

申し訳ありません。

オムツ代がかさんでるので無理です。

何卒ご了承ください。





4903111121106-L.jpg

ちなみに愛用のオムツはディズニー柄のマミーポコです。

6歳児も愛用した伝統の品です。



DSCN1543_convert_20140725234317.jpg

まだまだオムツを必要とする方が柱と闘っておられる風景






ちなみにディズニーについてあまり知らない方のためにご説明を。

どな社長様のどなとはこちらのキャラクターのことです。

さらに説明するとチャラ男の右横におられる立派なくちばしをおもちのお方です。

ちなみにちなみに立派なくちばしをおもちのお方にぎゅっと手を握られているのが6歳児です。

チャラ男とピースしてる女性の二人が6歳児とはまったく赤の他人な所がこの写真のミソです(笑)

CIMG0001A+(35)_convert_20121025022611.jpg






ディズニーの事をあまりご存じではない方はもしかして

どな とは

640px-Ronald_McDonald_sitting_convert_20140725235132.jpg

こちらの方だと思われて、

CEOの件と関連づけて

どな社長様がこの企業のCEOではないか?と想像された方がおられない事を祈っております。

url.jpg



いるわけないですね(笑)







どな社長様

謝りながら遊んでしまって申し訳ありません。

どうか今後ともよろしくお願い致します。




通常営業?

東京ディズニーリゾートでは楽しい想い出がいっぱい。

京都に帰ってすぐに思うは

次はいつかという事(笑)


今までは

これから京都に帰るという最終日、

東京ディズニーリゾートのゲートを出ても

すぐにパークのほうを振り返り

数歩あるいてはまた振り返り

楽しませてくれてありがとうという気持ちと、今度はいつ来れるかな、と思い

正直、毎回泣きそうになります。



2泊3日のディズニー旅行に関して、

かれこれ約3週間近くブログを続けるという呆れた行動をして参りました。

でもさすがに東京ディズニーリゾートに行きました、な特別営業は終わり、

今後はいつもの内容のまったくない、いつもながらのポンコツブログの通常営業に戻らなければ。

自分でも

3週間近くディズニーに行きました、な内容で続けてこれて満足しております。


さぁ!今日からは通常営業に

さあ!いつものとりとめのない退屈極まりない通常営業に





まだ戻りません。


わずか3日間のディズニー滞在のお話を


いけるとこまでいきます。


自分的に

まだもうちょい

いける気がします


往生際の悪さだけがとりえかもしれません。


とはいうものの時にはディズニー以外のお話もちょくちょく入ってしまうかも。

なんせ今日も祇園祭に参加してきましたし。そんな話題もあるかな、と。

ド素人なディズニーの話もあれば他の話も。

なんでもありなブログなのでご了承を。



DSCN1195_convert_20140724225554.jpg




妖怪ウォッチ!

先月から予約していたものを手に入れた6歳児はごきげんです。

ただいまお子様方の間で人気の

そう、あれ。

あれのあれです。

image_convert_20140723234230.jpg

新しい妖怪ウォッチのソフトです。

6歳児もはまりまくりでして。

まだ小学1年生という事もあるのでDSは1日30分

家の中だけで外には持ち出さない

というルールを設けております。

1日30分というのは少しかわいそうな気もしますが…



父ちゃんはDSをはじめゲームのたぐいはしません。

父ちゃんすごく単純でバカなので

ゲームにはまってしまう→ゲームしかしない→仕事を怠ける→堕ちるとこまで堕ちてしまう

となるような気がして。


そんなゲームをしない父ちゃんは笑ってしまいました。

6歳児が夜寝たあと

6歳児が持ってる妖怪ウォッチの漫画本を読んだり

DSで妖怪ウォッチのゲームをしたりしてる人物が若干1名-

それは

某・嫁さんです。

親子揃ってはまっていたとは!

























再び

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件 第四部。

本当にお会いできてよかったです。

ブログを始めてよかった。心からそう思いました。

ディズニーシーでお会いしていただいた時、皆さんと一緒に写真に撮っていただきました。


IMG_6418 2_convert_20140723222108


あぁ…

一般ピーポーがセンターに陣取ってしまって…

一般ピーポーははしっこにいなきゃいけないのに。

まさかのディズニーのプロの両巨頭様に囲んでいただけるなんて

贅沢の極み。


会っていただいてありがとうございました。

特別な、格別なディズニー旅行になりました。



時には仕事などで凹む時がおありになるかと思いますが

遠くから陰ながら全力で応援しております。


皆様がいつもいつまでも幸せであられますように。心から。










DSCN1668_convert_20140724001018.jpg




第三部。

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件 第三部。

いやまさかここまで続くとは(笑)


ディズニーシーで二組様にお会いした訳ですが

お会い下さったブロガー様はこんなポンコツブログの過去の話題まで覚えて下さっていて。

東京ディズニーリゾートへの出発日を6歳児に告げるのは出発日の前夜です!

なんてことをブログに書いてた事を覚えて下さってました。

父ちゃんは出発前日に6歳児に発表するつもりだったのに

某・嫁さんにもそう言ってたのにまさかの出発する前の週に6歳児は既に出発日を知っていたという。

6歳児が出発日=Xday という最高機密をなぜ知りえたのか不思議でした。


6歳児には人の心を読み取れる特殊能力が備わっていたのか?

patrickstewart01_convert_20140722231725.jpg


はたまた机の引き出しの中に乗り物があって常日頃から現在と未来を行き来しているのか?

_62178772_0_convert_20140722231527.jpg
京都のとある家庭でおこったミステリー。

しかし謎は数秒で解明されました。

某・嫁さんが出発の前の週に6歳児に出発日をバラしてました

おかげで6歳児へのサプライズは歴史に残る大失敗。


てなことをお会いして下さったブロガー様にご報告させていただいたり。

これを聞いたブロガー様も笑って下さり

ブロガー様は

ブロガー様に

ブロガー様が





あぁ!もうっ!


どうして今回のTDR旅行で印象に残ったランキング第一位 素晴らしい方々にお会いできた件

が、なぜ第三部まで続いてしまったかというと

ブログ書いてる父ちゃん自身が書いててもずっとスッキリしないからでした。

お会いしたブロガー様がどなたなのか?という部分を伏せたままではまったくスッキリせず

このモヤモヤした気持ちのままではこの話が終われない!

と思いました。

だからスッキリさせなくては!


お会いしていただいたディズニーのプロ中のプロなブロガー様は

「Be My Guest」 の かおる様 とお母様

そして!

「どな社長のぐわぐわカンパニー」 の どな社長様 と相方様

です!!!

よくわからなかった方のために再度詳細に発表します!

お会いしていただいたディズニーのプロ中のプロなブロガー様は

「Be My Guest(びー まい げすと)」 の かおる様 とお母様

そして!

「どな社長のぐわぐわカンパニー(どなしゃちょうのぐわぐわかんぱにー)」 の どな社長様 と相方様

です!!!

もう一度言いましょうか!もういいですか?


スッキリしました。



あぁでも

第四部がある、かも?(笑)









第二部。

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件 第二部。


ディズニーシーで素晴らしい方々にお会いしていただきました。

皆さんとてもやさしくて。


TOKYOの人は冷たい

と、なんとなくもともともってるイメージがあったのですが(なんとなく 関西人のセオリー)

おかげさまですべて払拭されました。

(父ちゃん的に東京はほぼ関東一円的なイメージ)



またプロの方にディズニーリゾートについて何か聞けば

完璧すぎる答えが返ってきます。

さすがプロ。的確かつ無駄のない説明をしていただきました。

ありがたいお言葉を頂戴つかまりました的な気分になりました。

いや本当に完璧なアドバイスなので。

shogunsenge.gif




そしてプロの方の台詞に感銘を受け。

こうか!プロはこうなのか!かっこいい!かっこよすぎる!と思いました。

いえ

プロの方の

タワー・オブ・テラーについての発言がいちげんの一般ピーポーからすると「神」すぎて。


<タワテラ?乗りませんから。ふふっ>


おぉ~!

そうなんだ!真のプロはそうなんだ!悟りを開くとこうなんだ!

と感銘を受け。

しかし

父ちゃん家族が

タワテラ?乗りませんよ。ふふっ と悟りを開く事は永遠に来ないです(笑)

なんせ6歳児の

「リベンジ・タワテラ」 大作戦が数年は続く見込みですし

6歳児が無事、ボールは友達ならぬタワテラは友達 となってからも

その後は1歳児とタワテラの攻防が始まる見込みであります。

歴史は繰り返す、みたいな。

DSCN1502_convert_20140722003347.jpg











お会いできたら聞きたい事がいっぱいあったのに

お会いした途端、聞きたい事が全部吹っ飛びました。

正直めっちゃ緊張して。

お会いしてみたら美人だったので。

お会いした瞬間、

こらあかんわ。恥ずかしくて喋れへんわ。となってしまい。




いろいろ印象に残る出来事だったので

何かやっぱり書ききれないような(笑)


もしかしたら第三部がある、かも。



















お会いしていただいてありがとうございました。

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件

第二位 まさか?そんなまさか?辛い!でも気合で克服だ!の件 →済

第三位 またですか?以前もこんな事ありましたよね?ね?の件 →済

番外編 通りすがりの人に言われてテンションが下がった件


の中で

だ、だ、だい、だい、い、いち、いち…

緊張してしまって…

第一位の件。

父ちゃんポンコツブログを始めて2年半ほど経ちますが

他のブロガー様と直接お会いしてご挨拶までさせていただくという初めてな経験をさせていただきました。

お時間を割いていただいてお会い下さった場所は

DSCN1564_convert_20140720003857.jpg

ディズニーシー!

お会い下さった方々は東京ディズニーリゾートを愛してやまない

そして東京ディズニーリゾートを知り尽くした

プロフェッショナル。

しかもきっと

プロ中のプロ。

父ちゃん家族のようないちげんさんの一般ピーポーとは格が違いすぎる雲の上の方々です。

こんな方々にお会いしていただけるなんて

父ちゃん気分は「謁見」です。




あぁもう!

このポンコツブログで他のブロガー様の紹介などした事がないし

なんと書いていいものやら。

プロフェッショナルな方のブログ名やハンドルネームなどをこんな底辺なポンコツブログに書いてしまったら

プロフェッショナルな方が今まで築き上げたものを汚してしまいそうだし伏せておくべきなのか???


謁見していただいたのは二組様。

一組目様は

ディズニー愛に満ち溢れ

なおかつマナーやルールに関して1本筋が通った決してブレない思考をお持ちのブロガー様と

やはりディズニーに大変お詳しいお母様。

二組目様は

役職的にはCEO的な素晴らしい肩書きをお持ちのブロガー様と共同経営者様。


本当に気持ちの良いやさしく素晴らしい方々で、お会いできたこちらは心が洗われるよう。


お会いしていただいたことがありがたすぎて

ブログも1回では書ききれないかも。


1回で書ききれないから

印象に残ったランキング第一位、これにて第一部は終了ということで。





























まだまだお子ちゃまだった6歳児。

ディズニーシーでのお気に入り&ヘビーローテーションだったのが

DSCN1446_convert_20140718221630.jpg

お子ちゃまでもじゅうぶん楽しめるジェットコースター。

フランダーのフライングフィッシュコースター。


DSCN1444_convert_20140718221703.jpg

きゃめらを撮るのが下手なのでジェットコースター本体がはっきり撮れません。

各自の任意で、チラリズムから全体像をイメージして下さい。


DSCN1445_convert_20140718221724.jpg

こちらを6歳児、今回のディズニー旅行中

繰り返し繰り返し搭乗をご希望あそばれて


通算

5回!

好きだねぇ。



ちなみにこのエリアにこんなスペース。

壁の中に座れるくぼみ。



DSCN1451_convert_20140718224111.jpg


このくぼみのすぐ横にトイレの出入り口があって

6歳児、このくぼみに隠れて

トイレから出てくる父ちゃんを驚かそうと突然とびだして大きな声で

「わっ!」

父ちゃんではなく、知らんおっちゃんをおもいっきりビビらせてました(笑)



ますます まだまだお子ちゃまだねぇ。



いま京都は暑くて熱い。

ちょっぴりディズニー旅行の話は置いといて。

いやしかし

たった2泊3日で行ったディズニー旅行。

わずか3日間の出来事なのに一体いつまでこの話でブログで書き続けるつもりなのか(笑)

当の本人にもよくわかりません。

でもまぁ行けるトコまで行きます(笑)



京都は只今ふぃーばー中。

ざ☆Gionまつりが絶賛開催中です。


書き方がバーゲンのようですが冗談です。失礼しました。

八坂神社で執り行われるきちんとした神事です。



この祭でまずイメージされるのが

OSK201307170035_convert_20140718150020.jpg

鉾(ほこ)ではないかと。

でもこの祭には別に本当の主役が。

それが神輿。

「神様」と関係してるのは神輿であって、祭礼として本来の主役は神輿です。

世間的には鉾が祇園祭の主役であるイメージが強いのですが。



20130718002055shinkosai.jpg

3基の神輿が雄大な姿を見せます。

このうちの1基を父ちゃん、毎年担がせていただいております。

背中に「錦」と書いた半纏(はんてん) <錦=錦市場>

腹にはサラシ

足元は白の足袋

かっこだけはいっちょまえにきめた父ちゃん。

これで見た目が人並なら公開できるのに。

不細工すぎるゆえ、顔は絶対非公開。エリア51並に永遠に隠さなければ。

20130418_tsujinozomi_17_convert_20140718152514.jpg




担ぎ手はどんどん交代しながら担ぎます。

その交代の瞬間、

あ、夏だな~京都の夏だな~

と実感する出来事が。

担ぎ手同士が狭い場所で密着しながら交代するものだから

腕とか頬とかに相手の汗だくの体が

にゅるん

と触れる…

この瞬間が

いつまで経っても

慣れません(笑)


祇園際の神輿担ぎ(渡御・とぎょ といいます)、

神様が来られる「神幸祭(しんこうさい)」と

神様が還られる「還幸祭(かんこうさい)」の2回行われます。

「神幸祭」は終わりましたので来週には「還幸祭」があります。


暑い熱い京都の夏を満喫しながら

思う事は






舞浜も暑かったな…









少々お天気が良すぎまして

彼の地を訪れた時は七夕なシーズンだったので

和な衣装なぞ見れたりしました。

ん~ルーツはたぶん大陸だろうし和ではないか?

DSCN1269_convert_20140717224840.jpg


DSCN1267_convert_20140717224808.jpg


DSCN1268_convert_20140717224825.jpg



今回のTDR旅行とにかく連日

あつくって!

DSCN1294_convert_20140717231132.jpg


のどは渇きやすいし

アイスも恋しくなるし

DSCN1152_convert_20140717231114.jpg


DSCN1158_convert_20140717231144.jpg

フローズンデザートドリンク 赤ぶどう&アロエ



父ちゃん家族、ランド・シー合わせて何本のアイスとペットボトル飲料を消費したことか。

特にペットボトル飲料の消費量はなかなかのもの。

父ちゃん家族のおかげでKIRINの株価がこの数日間は上がったはず(笑)

生茶 とかにお世話になりました。

コカ・コーラのものもあっただろうけど父ちゃん達はKIRINにばかりお会いしました。


500mlくらいのペットボトルが おぉっ!とリアクションするお値段。

最初はコンビニ以上の価格設定にカルチャーショックを受けてたものの

慣れてくるとこの価格で普通だと感じてしまう。


変な所でディズニーマジック(笑)



京都にいてもディズニー旅行の余韻がまだなんとなく残ってるので

コンビニなどで生茶を見る度

楽しかったディズニー滞在を思い出し

ひとり店内でにやけております。


けっしてあぶない人ではありませんので誤解なきように。







6歳児が楽しみにしてたもの


ディズニーシーではここにも行きました。






DSCN1533_convert_20140716212030.jpg




DSCN1534_convert_20140716212044.jpg




DSCN1536_convert_20140716212116.jpg



DSCN1535_convert_20140716212100.jpg




DSCN1531_convert_20140716212449.jpg

ーりーまにあ!!


無事にファストパスが取れました。


これは旅程3日目の光景です。

父ちゃんこの日も家族より先に訪れて開園待ちしてました。

開園待ちの時間に幸せを感じる父ちゃん(笑)



入口でキャストさんに写真を撮っていただきました。

写真に関して言えば今回のTDR旅行は今までと違う点が。

それは

父ちゃんが写ってる写真が何枚かあること(笑)

なにしろ

某・嫁さんは父ちゃんの写真を撮ってくれない。

前回のTDR旅行なんて父ちゃんの写ってる写真ってあったかなぁ???

てくらい無い!


今回は

くるしゅうない。ちこう寄れ。遠慮せず父ちゃんを撮りたまえ。



撮って下さいと某・嫁さんにお願いしました。



なんで家族うちでお願いせねばならないのか!

写真撮りあうなんてふっつぅ~じゃんか!

まったく。


某・嫁さんが父ちゃんを撮らないだけでなく

なぜか某・嫁さんも写真に写りたがらない。

子供と一緒なら写るけれど

本人ひとりだけでは写真をけっして撮らせない。これは昔からの事だけれど。


写真に写りたがらないのは

顔を知られてはまずいのか?

きっと某・嫁さんはFBIとかインターポールとかに追われてるんだと思います。






逃亡者_convert_20140716215846






冗談ですよ。

どこぞに通報しないように。くれぐれも。





















乗ってみたものの

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件

第二位 まさか?そんなまさか?辛い!でも気合で克服だ!の件  →済

第三位 またですか?以前もこんな事ありましたよね?ね?の件  →0済

番外編 通りすがりの人に言われてテンションが下がった件


今回は上記以外のその他(笑)


出発前、6歳児の心は揺れ動いておりました。

今まで一度も乗った事のないアトラクションに乗るか乗らないか、で。


DSCN1481_convert_20140715215306.jpg

タワー・オブ・テラー

上がって落ちてきゃーなアトラクションです。


同級生の女の子も乗れたんだし、と6歳児、男を見せて乗る事に。

6歳児と嫁さんが先に入って父ちゃんと1歳児はタワテラを降りた所にあるお店で待機です。

1歳児にお店にあった変わった帽子をかぶせてみたりきゃっきゃっきゃっと遊んでおりました。

そろそろ乗り終えて戻ってくる頃かな?

6歳児は楽しくて気に入ったアトラクションには乗り終わったらすぐ、もう1回乗る!と言うので

次は父ちゃんが6歳児と一緒に乗る番だな、と父ちゃんも心でスタンバイ。

乗り終えてこちらに来る6歳児。

父ちゃんの前で立ち止まり父ちゃんの目を見て一言。


あんなもんもうのらへん!!!!!!


この言葉だけ言い残して6歳児は足早に建物から出ます。


おぉ!次は6歳児と一緒にタワテラに乗るスタンバイをしてた父ちゃんの心は宙ぶらりん。


嫁さんに聞くと

タワテラに入ってすぐ暗くなる場所で既にアウトだったそうで。

暗い所で6歳児が怖がったので

そばにいた高校生くらいの女の子の団体が6歳児に

「大丈夫!こわくないよ!最初だけだから。エレベーターに乗っちゃえば楽しいよ!」

と絶えず6歳児に声をかけたり頭をなでたりずっと一緒にいてくれたそうです。

女の子たちも6歳児と一緒にエレベーターに乗るつもりでいた次の瞬間

嫁さんと6歳児が先に進むものの女の子たちは次のエレベーターになって離れ離れに。

勇気づけてくれたお姉ちゃんたちと一緒に乗れなくなった6歳児のテンションはどん底…

そして別れの傷が癒えぬまま6歳児を乗せたエレベーターが…



タワテラはまだ早かったか…

このあとはタートルトークや小さな子供でも乗れるジェットコースター・フランダ―のフライングフィッシュコースターなどに行き

6歳児の機嫌は上々に。


歩いていると前に見えてきたのはレイジング・スピリッツ。

371_main_visual_name_2_convert_20140715220402.jpg


子供向けのジェットコースターはじゅうぶん楽しんだから今度はこのジェットコースターに乗ってみる?

と聞いてみたら 乗る と言ってくれたので

またまた嫁さんと6歳児とで中に入り、父ちゃんと1歳児は外で待機。この時1歳児はすやすや夢の中。


乗り終えて出てきた6歳児が父ちゃんに言ったのは予想だにしなかった言葉。




…地獄や!!!!!



若干6歳にして地獄を見てしまったか…



小学生になって しっかりしてきたかな?と思ってましたが


やっぱり

まだまだお子様。


ちなみに6歳児がディズニーシーで一番はしゃいでたのは

トイ・ストーリー・マニアとかのアトラクションではなく

DSCN1504_convert_20140715221645.jpg




水が ぴゅー ぴゅー

と、そこかしこから出てくる

何でもないような場所。

水に当たらないように逃げるのが楽しいのか

水が当たって涼しくて楽しいのか

正気を失ったかのようなはしゃぎよう。



なんだかんだ言ってまだまだお子ちゃまだな。ぷぷっ




DSCN1604_convert_20140715215437.jpg

天敵となってしまった6歳児とタワテラ




開園前のお楽しみ

旅程2日目のディズニーランド。

父ちゃんは家族より一足先にホテルをでて開園待ちするためにディズニーランドへ。

開園待ちのポジションにおさまってしばらくしてから

開園待ちねぇ…もうこんなにガツガツしなくてもいいかもねぇ。なんて思ったり。

今回は早く行かないとすぐにいっぱいになってしまうレストランに行く訳でもないから

よく考えたらこんなに早く来る必要はないんだよな、なんて。

でも

少しでも長く彼の地にいられるという喜びもあるので開園待ち全然OK!(笑)



開園時間が急に早まるなんてこともあるらしいので

家族も開園30分前には合流。

今年は待ち合わせばっちり。

チケットブースの○番と○番の間の列に並んでる!

列の一番前から10m後方にいる!

なんて的確な連絡。うん。父ちゃんすばらしい(笑)



開園待ちしてるとキャラクターさんが遊びに来てくれます。

いつもは父ちゃん一人で見てますが

今年は家族も早めにホテルをでて

父ちゃんの的確な連絡!で合流もスムーズだったので

家族も開園前のキャラクターの姿を見る事ができました。


こんなかんじ。

DSCN1224_convert_20140714210438.jpg

DSCN1225_convert_20140714210455.jpg

ピノキオ なぜ固まる?


DSCN1241_convert_20140714211046.jpg

DSCN1232_convert_20140714210847.jpg

DSCN1227_convert_20140714210519.jpg

DSCN1229_convert_20140714212009.jpg

DSCN1240_convert_20140714211027.jpg

DSCN1234_convert_20140714210900.jpg

DSCN1235_convert_20140714210919.jpg

DSCN1236_convert_20140714211744.jpg

DSCN1238_convert_20140714210957.jpg

DSCN1237_convert_20140714210940.jpg

DSCN1242_convert_20140714211107.jpg

DSCN1243_convert_20140714211128.jpg

DSCN1244_convert_20140714211145.jpg

とにかく

フック船長が朝もはよからテンションMAXでした(笑)






補足

嫁さんの××歳の誕生日だったのにケーキ以外のプレゼントをしなかった事件について。


後日、きちんと献上いたしました。


よって局地的紛争勃発の危機は回避されました。


平和がいちばん。







1歳児 パークデビュー


今回のTDR旅行、1歳児は初参加です!

行き帰りの飛行機で泣いたりぐずったりしないかな?と少し心配でしたが

(羽田⇔伊丹間はビジネスマンのおっちゃんが多いので少々気を遣います)

行き帰りともとてもお利口さんにしてくれました。




JALさんのりんごジュースに舌鼓をうち

DSCN1138_convert_20140713013610.jpg

1歳児なりに空のお散歩を楽しめたようです。


東京ディズニーリゾートに着いたら1歳児でも乗れそうなものは試してみたり

DSCN1147_convert_20140713013650.jpg





1歳児はなんでももりもり食べる逞しいお子様なので

東京ディズニーリゾート内の食べ物も色々いただきましたし、

あと宿泊先の朝食もお気に召したご様子。


DSCN1395_convert_20140713013721.jpg





1歳児、初ディズニーを楽しんでもらえたかな?

でもほんとはどんな場所でも自分の好きなように体を動かしたい!

それが今の1歳児にとって1番の楽しみなんだと思います。

興味ある所へ突進し興味あるものを好きなだけいじくりたおして(笑)

1歳児にはアトラクションやショーといった凝った演出や豪華な設備などは必要なく

自分が好きな時に自分の体を動かす。

それでじゅうぶんなんです。


DSCN1551_convert_20140713013746.jpg


地べたに子供を置いてなんて不謹慎な!なんて不衛生な!

とお怒りになる方がいらっしゃるかもしれません。

1歳児、抱っこに飽きて自分で動きたい衝動に駆られたようなので少しの間だけ自由にさせました。

抱っこされるのではなく自分の力で地に立ってる、自分の好きなように動ける!

それで1歳児は満足感を得られるのです。

多少の地べたでも別にいいじゃないか、と思います。

まわりには人もいなかったしそれほど迷惑じゃないだろうし。

計算されつくしたアトラクションより1歳児はこうして自分なりに遊んでるほうがきっと楽しいんだと思うのです。



1歳児、ディズニー旅行に付き合ってくれて本当にありがとう。

今しか見れない「1歳」の君の、幼くも元気な姿をこのようなすばらしい場所で目に焼き付けられたから。

今後どんどん成長していくから今後はもう見る事はできない今この瞬間の君を

写真ではなく記憶に残し瞼を閉じればこの日の光景が思い浮かぶようにしたいと思うのです。

もう2度とは戻らないこの瞬間を共に過ごしてくれてありがとう。

そして次にまたこの素晴らしい場所に一緒に来た時は

また違う君を見させてもらおう。

6歳児がそうだったように

父ちゃんにとってこの場所は君達が成長していく姿を見させてもらう場所、でもあるのです。










父ちゃんは基本おバカだから、父ちゃんも人としてもっと成長したいなぁ(笑)










例の場所の話は小休止

例の場所のお話しをいったんやめまして他の話を。

先日

某・嫁さんが生誕××執念周年をむかえられまして

例の場所をこよなく愛する心優しきダンナがけーきなるものなど用意したそうで。

家族4人でけーきを囲み。

DSC_0032_convert_20140712231735.jpg


この日、心優しきダンナはけーき以外にはバタバタしてたので何も用意はなかったので

ダンナは

「ディズニー旅行は貴女への少し早目の誕生日プレゼントだったのですよ!」

と言ったら

「うそつけ」と返されました。

「自分らが行きたかっただけやん!」とも言われました。

じゃ楽しくなかったのか?と聞けば

「楽しかった…」


でしょ~!!OK~!!みんな楽しければHAPPYHAPPY!!HAPPY BIRTHDAY~!!!


と勢いで押し切った心優しきダンナでした(笑)




ただ某・嫁さんはディズニーランドのお店でダンナが買ってあげたiPhoneカバーが気に入っていて

これが誕生日プレゼントでいいよ、と言ってくれてます。



ま、これだけではアレなのでまた何か考えます。



こちらがディズニーランドで買った某・嫁さんお気に入りのiPhoneカバー。

DSC_0048_convert_20140712232049.jpg

DSC_0049_convert_20140712232927.jpg


かわいいけれど通話がしにくそう(笑)


あぁ!例の場所の話はいったんやめるはずだったのに、また例の場所つながりになってしまいました!











そして誰も怒らなかった

この度3日間ほど東京ディズニーリゾートを楽しませていただきました。

旅程2日目はディズニーランドへ行ったのですが

とにかく

いい天気!

天気が良すぎて良すぎて

あっつい!

雨よりかはもちろんいいのですが。

DSCN1260_convert_20140711231024.jpg

朝から気温はぐんぐん上がっていったような。



DSCN1261_convert_20140711231050.jpg

暑くても真夏生まれの6歳児は必要以上に元気!



DSCN1246_convert_20140711231118.jpg

1歳児は首のうしろもカバーできる帽子で暑さ対策。




この日は若干1名体調不良気味な不幸な人物がいたのですが

その人物はせっかくのディズニーランドでまさかの昼食・夕食ぬきという(笑)

ムカムカして食欲がなかったという噂です(笑)


だからワッフルのお店とかに寄っても

DSCN1280_convert_20140711231146.jpg



家族が美味しそうに食べる風景を眺めるだけ(笑)

DSCN1281_convert_20140711231207.jpg



せっかくの夢と魔法の王国に来て食事ぬきだというのに

くだんのこの人物、巷のうわさでは「夢と魔法の王国にいられるだけで幸せだ。」といたくご満悦だったそうです。

単純な人ってある意味しあわせだと思います(笑)




この日は夜の一大イベント、ワンス・アポン・ア・タイムが控えております。

開演時間までまだ時間があったので

フィルハーマジックというアトラクションにむかいました。

これなら座席に座ってるだけだから1歳児も大丈夫かと思いまして。

10~15分ほど並んで中に入れました。

そこはまだ座席ではない場所。

ウェイティングルーム?待合室?なんて言うんでしょう(笑)

とにかくまだ座席には座らせないよ!まだここで大人しく待っててね!の部屋です。

ここで10~15分くらい待ったでしょうか?(真剣に1歳児と遊んでたので時間感覚が曖昧)

さぁいよいよ中へ!

という時に

アナウンスが。

内容は

だめでありんす。

いやそんな台詞ではありませんが

とにかくシステム調整かなんかでしばらく入れないよ!という内容でした。

まわりの人たちは今まで待ったのだからもう少しここで待とう、というグループと

いつ再開されるかわかんないべ、だから出るべ。というグループに分かれ。

父ちゃんたちは出る事にしました。

こんな事を体験できるなんて初めてだ、と単純でしあわせな人物はある意味楽しんでたらしいです。

待った挙句に入れない、と聞いても誰も怒らないしブーイングのひとつも聞こえない。

これもある意味ディズニーマジックなのでしょうか?


DSCN1344_convert_20140711231227.jpg



またこの手の事件が…

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件

第二位 まさか?そんなまさか?辛い!でも気合で克服だ!の件  →済

第三位 またですか?以前もこんな事ありましたよね?ね?の件

番外編 通りすがりの人に言われてテンションが下がった件

のうち

第三位の またですか?以前もこんな事ありましたよね?ね?の件。


以前6歳児にシーで帽子を買ってあげました。

三角にとんがったミッキーさんが被ってるのと同じような青い帽子。

かなり気に入った様子で滞在中ずっと被っておりましたが

何かの拍子にディズニーランド内で失くしてしまいました。

なくなってるのに気が付いたのはディズニーランドから羽田空港に向かう帰りのバス乗り場。

バスの発車時刻ぎりぎりまでディズニーランドのキャストの方に失くした旨を伝えて…

羽田へのバスの中、落ち込みっぱなしの6歳児。

でも京都へ帰ってからしばらくして宅配物が自宅に届きました。

ディズニーランドから送られてきたもので中にはあの帽子が!



同封されていた用紙には見つかりました、と書いてありました。


キャストの方々の優しさと親切さにふれてとてもうれしくなり、御礼状をしたためた事をよく覚えております。



そして年月が経ち

6歳児もそうめったらやたらに落し物をする事などないであろう…

成長したなぁ6歳児…

と思ってた矢先

また!

失くしました!!!


失くしたものはディズニーランド内にあるマジックショップで購入したもの。

DSCN1289_convert_20140710234639.jpg


このお店で6歳児に手品のグッズとスティッチのパペットを買ってあげました。

今回の東京ディズニーリゾート、なぜか6歳児のツボはスティッチでした。

DSCN1599_convert_20140709211004.jpg


スティッチのパペットを購入してからはどこへ行くにも6歳児はスティッチを連れて行きました。

DSCN1487_convert_20140708030108.jpg


DSCN1547_convert_20140710234714.jpg


シーに行った時にはこのスティッチを置いて6歳児自らがカメラを構えてスティッチ撮影会(笑)

DSCN1461_convert_20140708030049.jpg


このスティッチがない事に気付いたタイミングがなんと

帰りの飛行機の中…

6歳児が機内でしくしく泣き始めて…

飛行機では1歳児が大丈夫か?泣きやしまいか?と心配していましたが

1歳児はまったくぐずる事はなく、逆に6歳児が泣いて隣のサラリーマンのおっちゃんになぐさめられるという。


伊丹に到着して他の乗客の方が全員降りたあとでどこかの座席の下にでも転がってはいまいか?

と探しましたが発見できず。

このあと機内の清掃などあるようであまり機内に残っていては迷惑なのですぐに機内から出たのですが

ちょうどパイロットの方も降りるところで

6歳児、パイロットの方からシールを手渡されました。

DSC_0033_convert_20140711000101.jpg


6歳児、ふだんなら歓喜の踊りでもひと舞いするところでしょうがこの時のテンションではお礼を言うだけが精一杯。


そのあとJALの地上スタッフの方に理由を説明するものの

機内の清掃が終わったけれど見つかりませんでした。

羽田空港でもそのような落し物は届出がありませんでした と教えてもらい。

ただ落し物としてコンピュータに入力されるまでタイムラグがありますので後日またご自身で羽田にご確認くださいと。


失くした場所が機内なのか羽田空港内なのかもしかしたら既にディズニーシー内で失くしてたのか???

お恥ずかしい事に6歳児がどの段階までスティッチを持っていたかの記憶が家族全員さだかでないのです。

6歳児のうっかりだけではなく親の監督不行き届きでした。


伊丹で時間がかかってしまったのですぐに車で家路へと。

羽田空港内で落ちてなかったかの確認は伊丹のJALの方が連絡を入れてくれてるので

あとはディズニーシ―内で失くしてないかの確認を。

ディズニーシ―遺失物センターに電話を入れたら案内時間を終えておられました。

てっきり閉園時間までは電話がつながるものと思い込んでましたが夜7時で案内が終わるみたいです。



翌日、ディズニーシ―に電話を入れる前にまず羽田に電話してみると

ありました!!!

羽田にありました!

スティッチが発見されたのは飛行機に乗る直前、搭乗ゲートだったそうです。

よく見つかったなぁ~というのが本音です。

それにしてもよかった。

エイリアンの試作品626号はクロネコによって羽田からはるばる京都まで運ばれて参りました。

DSCN1677_convert_20140708030216.jpg


無事6歳児のもとへ!


DSCN1681_convert_20140708030235.jpg






JALの皆様ありがとうございました。



やっぱり6歳児はこうでなきゃ!

3日間東京ディズニーリゾートにおりましたが、初日にちょっと驚いたのが

6歳児のキャラクターに対する態度。

以前はキャラクターを見つけると即座にスクランブル。

キャラクターと一緒に写真におさまることが至上の喜びであったはずなのに。

今回は初日のシーでチップやデールやドナルドに会っても

逃げなさるのです。


え~???

妖怪ウォッチやポケモンに傾倒しすぎてディズニーキャラには興味を示さなくなったのか!?

6歳児に ほらミニーがいる!と教えても

ええねん。

違う場所で ジーニーいるで!と教えても

ええねん。

父ちゃん少なからずショック!



でも

旅程も最終日ともなると6歳児にも変化が…


キャラクターを追いかけ始めました!

どうも6歳児、

1歳児という弟ができたことや小学生になったという思いから

「もうお兄ちゃんなんやし、ちっぷとかでぇるとか追っかけてたらかっこ悪いかも」

という6歳児なりの背伸びした感情があったようで(笑)

6歳児なりに自粛していたようです。

でもだんだんこの楽しい場所で時間を過ごすうち本能には勝てないようで…

往年の勇姿・切り込み隊長、復活。


と、言ってもたまたままわりに人が少なかったという事もあるのだけれど(笑)





DSCN1144_convert_20140709210807.jpg


DSCN1151_convert_20140709210832.jpg


DSCN1398_convert_20140709210850.jpg


DSCN1427_convert_20140709210911.jpg


DSCN1433_convert_20140709210939.jpg


普段は並んで待つのがイヤな6歳児

でもスティツチの列には自分から並びたいと申しました。

DSCN1599_convert_20140709211004.jpg



最後の最後でキャラクターと仲良しになれた6歳児。



ただ以前と比べたらもちろん体もおっきくなってるので

6歳児研究家の父ちゃんから見ると

若干、機動力が以前より劣ってるような。

それに

以前のような有無を言わさぬ切り込みぶりではなく

お忙しいところ恐縮です、的な空気も感じます(笑)

これもひとつの成長のあらわれなのかも?











見れました!

ディズニーランドで夜に行われているプロジェクション・マッピング。

座席は抽選で決まります。

体調不良気味だった父ちゃん、嫁さんと6歳児と1歳児、

皆、ホテルでたっぷり休息をとったあと出陣!


実はホテルに向かうためディズニーランドを出る前に抽選をしに行きました。

結果は


DSCN1685_convert_20140708014815.jpg


当たりました!

抽選は6歳児が画面をタッチしたがったので6歳児にお願いしました。

画面に当選の文字がでましたが6歳児には読めないので6歳児、キョトンとしておりました(笑)

座席位置を見たらセンターのエリア、前から3列目という席でした。

開演は20:50。

開演直前おそれていた事が。

1歳児がご機嫌超ななめに!

父ちゃんが抱っこしてあやし、持参していたたまごぼーろを1歳児にあげます。

たまごぼーろを食べてるうちは少しご機嫌がうるわしゅうなったかに見えたのですが

たまごぼーろの切れ目が機嫌の切れ目

たまごぼーろが完売御礼となった時点で再び噴火。

父ちゃん、1歳児を抱っこしながら小さな声で寝かしつけの時にする「お話」をします。

お話の定番は100エーカーの森のお話。

内容は父ちゃんのオリジナルです(笑)

1歳児の耳元でお話をしていくと

しばらくしたら1歳児は夢と魔法の王国の、素敵なお城のそばで心地よい夢の世界へ。

父ちゃんの腕の中で可愛く寝息をたてる1歳児はショーが終わってもまだぐっすり夢の世界を堪能しておりました。

ワンス・アポン・ア・タイム。素晴らしかったです!

一時は見られないとあきらめかけていましたが。

普段は花火がバンバン上がるのでしょうか?

開演前に風が強いから花火は中止、というアナウンスがあったような。

でもとにかく見ごたえがありました!

途中、炎があがるのですが座席から近い場所で炎があがるから熱くって!

まわりの席の方もびっくり(笑)

この熱さで1歳児も目を覚ますか?と思いましたが

1歳児、平然と寝ておりました(笑)


ワンス・アポン・ア・タイムの最初から最後まで父ちゃんに抱っこされながら1歳児が寝てるので

父ちゃん、写真が撮れませんでした。

嫁さんはiPhoneで何枚か撮影してました。



IMG_0672_convert_20140708022206.jpg

IMG_5995_convert_20140708022242.jpg


とってもきれいでした。


IMG_1708_convert_20140708023628.jpg

DSCN1339_convert_20140708021942.jpg


6歳児・1歳児、遅い時間までがんばってくれてありがとう!









*あらためて当ブログについて*

・当ブログの管理人はカメラが不得手ですので添付写真の画質・構図等一切のこだわりを持っておりません(笑)

・今後も下手な写真ばかりがアップされていきますのでご了承ください!

・文章のほうも誤字脱字は当たり前!間違っててもニュアンスは伝わってるはず(笑)







気のせい だとする。

今回のTDR旅行で印象に残ったランキング

第一位 素晴らしい方々にお会いできた件

第二位 まさか?そんなまさか?辛い!でも気合で克服だ!の件

第三位 またですか?以前もこんな事ありましたよね?ね?の件

番外編 通りすがりの人に言われてテンションが下がった件

以上。

これだけ書いてもなんのこっちゃわからないでしょうが(笑)


とりあえずは楽しい事から書いていくのが当然ですよね

と思ったけれど

まずは決して楽しくはなかった第二位のまさか?そんなまさか?辛い!でも気合で克服だ!の件からいくという(笑)



え~

父ちゃん体は丈夫なほうだと思っております。

風邪くらいはひきますが、大きな病気はしたことありません。

悪い所があるとすれば顔かな。

普段仕事も炎天下のもとでの場合も多いので暑さにも慣れています。


で、今回のTDR旅行では

6歳児の体調を気遣い

1歳児の体調を気遣い

家族の事ばかり心配しておりました。



まさか まさかの

父ちゃん、

体調

絶不調…

1日目のシーではなんてことなかったのに

2日目の朝から体調最低。

おなかはダメだしすごく吐き気が。こんな事めったにないのに。

おかしいなぁ

前日のシーで落ちてるポップコーンを拾って食べてた訳じゃないのに(笑)

せっかくすばらしい場所に来たのに自分の体調が良くない、てことを認めたくなくて

体調が悪い素振りは家族に見せずに家族より先に開園待ちする為に一人でホテルを出発。

ディズニーランドではまずプーさんのファストパスとったあとスター・ツアーズに。

1歳児は乗れないから1歳児の面倒は父ちゃんがみて嫁さんと6歳児がスター・ツアーズへ。

その間1歳児はおねんね中だったので近くにあるパン・ギャラクティック・ピザ・ポートというお店で休憩をとったものの

父ちゃんの絶不調が最高峰に。

それでもその後ディズニーランドをあちこちまわるという(笑)

今回ディズニーランドで1番楽しみにしてたのは

ワンス・アポン・ア・タイムというプロジェクション・マッピング。こちら座席指定は抽選で決まります。

ただ公演は夜なので1歳児にはきついかな?とも思っておりました。

まさか父ちゃん自身が夜までもつか?という事態になろうとは(笑)


ただ体調不良のピークはこの日の昼すぎでおさまりました。

昼すぎまでだましだまし、なんとなくぼぉ~としながらまわっておりましたが

昼すぎにいただいたメールを見て気合が入りました。

ワンス・アポン・ア・タイムの抽選当たるといいですね、という一文を見て奮起。

何に負けてる?自分に負けてる?

ここは何処だ?何のために来た?

わざわざ自分に負けるために此処に来たのか?

吐き気がする?気持ちが悪い?

そんなの

気のせいさ!

と、自分に魔法?をかける(笑)

メールをいただいた時にいた場所はビッグサンダー・マウンテンのそば、

ウエスタンランド・シューティングギャラリー横にある廊下のような所。

ここでビッグサンダー・マウンテンに乗りに行ってる嫁さんと6歳児を待ちながら1歳児をみていました。

メールを見たあと、何を背中を丸めてしんどそうにしとるのだ自分!まずは姿勢を正せ!と

この廊下をデューク更家がやってたように手を高く掲げてウオーキングで2往復する。

2往復、なのには特に意味はなくただ3往復目に入ると人目につきすぎそうな気がしたので。

とにかく

父ちゃん、復活の狼煙を上げる。

サンキュー・デューク。


18_200x268.jpg





結局この日は寝る時まで多少のムカムカ感は残っていたものの、とにかく気のせいだとする。

翌朝もちょいムカムカ感があるような気がしたけれど、やはりきっと気のせいだとする。



ディズニーランドで昼すぎにメールをいただいてからしばらくして、

6歳児も1歳児も夜遅くまでディズニーランドで遊ぶかもしれないからホテルに帰って寝よう!

今日のハイライト・最終決戦に臨むべく英気を養うのだ!

と6歳児と1歳児と一緒に父ちゃんもホテルでゆっくり休む(笑)




そして夕刻、再びディズニーランドへ!

自分に変てこな魔法をかけられた父ちゃんに怖いものなどない!(笑)


で、

ワンス・アポン・ア・タイムの抽選は当たったのか外れたのか?

プロジェクション・マッピングを見れたのか見れなかったのか?

についてはまた別の機会に(笑)






3日間中1.5日間は体調が悪いような気がするという変な日でしたが

とにかく

3日間めっちゃ楽しかったです!






長話で失礼しました。




















ついに

例の場所へ…!

そう、あの例の場所へ!

父ちゃん・嫁さん・6歳児・1歳児の4人で

待ちに待った例の場所へ!

そうその場所は

例の場所とは!



921_convert_20140706005739.jpg

うん、ここじゃありません。





例の場所とは

DSCN1455_convert_20140706004439.jpg

6歳児が浮世の憂さを晴らすが如くはしゃぎまくる場所




DSCN1270_convert_20140706011754.jpg

1歳児にとっては見るもの触れるもの嗅ぐもの感じるものすべてが未体験な場所







その場所は

☆うれしはずかし☆
20120911_2893076_convert_20140706012827.jpg





前回彼の地に足を踏み入れたのは2012年11月なのでかなりのおひさ。



今回のTDR旅行の感想としては

いろんな感情が入り混じっております。

もちろん感動と幸せを味わえた事が大きいのだけれど

心残りもちょっぴり。

それはアトラクションに乗れなかったとか

パレードが見れなかったとか

そういった物質的な充足感を得られなかった、という事ではなく

もっとリアルで、きっともっと大事なこと。

素晴らしく気持ちのいい優しい方々とお会いできる機会を与えていただいたのだから

もっとお話を聞きたかったな、という思い。


いろんな意味でとても印象に残るTDR旅行となりました。



そして

いろんな事がありました。

またこの事件が?的なハプニングや

ん?なんだかおかしいぞ?信じたくないけどヤバいかも?まさかまさか?的なトラブルがあったり

通りすがりの人にすれ違いざまに言われた言葉にテンション下がったり

喜怒哀楽がフルセット整ったようなTDR旅行でした(笑)




何はともあれ

楽しい想い出が出来ました。

この場をお借りして

良くしていただいた皆様に感謝を。













DSCN1290_convert_20140706012133.jpg



ぴちぴち

父ちゃんはふだんあまり服を買いません。

かと言ってふだん腰みの一丁で事足りてる訳ではないのですが(注1)

(注1):実際に父ちゃんが腰みのを所有していて愛用してる訳ではありません。



topics082201p180micronesia3.jpg(注2)

(注2):実際に父ちゃんがこのような姿でふだん京都の町を闊歩している訳ではありません。



外見がダメダメなので何着ても似合わないので基本服装には無頓着もいいとこで。

なのですが

せっかく久しぶりに例の場所に行くのだから

ジーンズでも新調しようと思い立ち

行きつけの

うにくろ へ

お店に行ってまず

お値段もお手頃なレギンスジーンズなるものが目にとまり

試着して鏡を見ると

ぱっつんぱっつんで競輪選手の足のようになってしまうので却下

LlXen_convert_20140704154328.jpg


でふつうのジーンズを持って試着室へ。

履いてみると

うん。履ける。ぴったり!

と購入。


帰宅してしばらくしてからこのジーンズを履いてみようと思い履いてみると

うん。ぴったり!

で、財布をジーンズのポケットに入れようとしたら

入らない。

うんうん、財布は入らないかもね。じゃスマホを入れよう。

入らない。

うんうん。今のスマホは画面おっきいのにしたし厚みも前のスマホより厚いしね。

じゃ家や車の鍵だけでも入れていこう。

入らない。

ポケットは前にふたつ、後ろに2つあるのに

使えない。

しまった。

ぴったりすぎた。

うわさには

1枚だけ入れておいたビスケットがたたくたびに増えていくというポケットがあるらしいけれど

このジーンズのポケットには悲しいことに最初の1枚目のビスケットすら入りません。




1歳児の口を拭ったりするのにさっとハンカチやティッシュをだしたいし

自分の小物類もできれば鞄に入れずにさっとだしたいので

できればジーンズのポケットに小物を入れたいと思うので

結果

例の場所には履き古したよれよれのジーンズで行く事となります(笑)





«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

maech1973

Author:maech1973
京都市在住です。
とりとめのないブログですがよろしくお願いします。
*注!:京都情報はありません 笑!

カテゴリ

ご挨拶 (10)
 Kyoto  (22)
 東京ディズニーリゾート  (157)
 ヒーロー・男の子向け  (8)
 ヒコーキ  (2)
 お出かけ (42)
日常 (498)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター